思い出のロケ地 「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」三鷹文化劇場

公開日 2017年08月25日

1960年代、三鷹駅前には「三鷹大映(のちの「三鷹オスカー」)」「三鷹文化劇場」「三鷹サンヨー劇場」3つの映画館がありました。1990年12月のに「三鷹オスカー」が閉館したことで、三鷹には映画館がなくなってしまいましたが、「三鷹文化劇場」の外観は映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の中に観ることができます。
 「ビー・バップ・ハイスクール」は、1983年から2003年まで「週刊ヤングマガジン」(講談社)に連載された、きうちかずひろの人気コミックで、映画化作も7本あり、TVドラマやVシネマも製作されています。1985年に映画の第1作が作られ、主演のヒロシを清水宏次朗、トオルを仲村トオル、そしてマドンナの今日子を中山美穂が扮して人気を博しました。
 「三鷹文化劇場」が登場するのが、1986年に公開された第2作「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」です。対立する高校が、相手の高校の生徒の穿いているズボンを取り上げる「ボンタン狩り」が盛んになり、トオルとヒロシもボンタンを狩られてしまいます。主人公のトオルがボンタンを狩られてしまうシーンが撮影されたのが「三鷹文化劇場」の前です。映画で、城東工業の生徒たちがトオルを探して走りまわるシーンには、中央通りやさくら通りも映っています。
 「三鷹文化劇場」は、1988年に閉館してしまい、今は「さくら通り駐輪場」になっているのでその姿を見ることはできませんが、映画の中にその姿を残しています。
 
さくら通り駐輪場
▲30年間にわたり「三鷹文化劇場」があった場所、今は駐輪場に

 
■三鷹文化劇場 (現 さくら通り駐輪場)
 三鷹市下連雀3-21-30、32 
 
■「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」
監 督:那須博之
脚 本:那須真知子
配 給:東映
公 開:1986年
【出演者】
加藤浩志:清水宏次朗
中間徹 :仲村トオル
泉今日子:中山美穂
三原山順子:宮崎ますみ
 
■原作は、きうちかずひろさんの同名漫画です。
 

地図

さくら通り駐輪場