三鷹でロケの『鉄筋花火』を三鷹で観よう!

公開日 2019年11月05日

三鷹市新川6丁目にある仙川公園や三鷹駅近くの三鷹市消費者活動センターなど、三鷹でロケを行ったなかやまえりか監督の最新作『鉄筋花火』が、11月23日(土・祝)、24日(日)の2日間、三鷹で開催の「秋の上映会」のプログラム<2>で上映されます。

ぜひ、ご覧ください。
プログラム<2>は、
 開場 14:40 開演 15:00
『お母さんに返しといて』『鉄筋花火』『猫、かえる Cat's Home』の3本立て 
前売:1,000円 当日:1,200円
です。

鉄筋花火
©2019春園幸宏

  • 鉄筋花火
  • 2019年/15分
  • 監督:なかやまえりか
    (脚本/監督/主演)
    1987年⽣まれ。東京都出⾝。13歳からそろばん塾の講師として15年勤める。出会った⽣徒は約500⼈。1年⾼校教師を勤めるも、映像化したい⼩説のため⼀転、芝居を勉強し、脚本を書き始める。『鉄筋花⽕』は監督第1 作⽬。
  • 出演者
    鮫島トウ子 なかやまえりか
    望月チカ  谷口もも
    部長    春園幸宏
  • 『鉄筋花⽕』あらすじ
    仕掛け絵本の制作会社で働く鮫島トウ⼦には、⼤切にしているものがある。オリジナルの紙芝居装置で、紙芝居劇を路上ですることだった。トウ⼦は⾏き詰まっていた。⼦どもの気持ちがつかめずに、何を書いたら良いかわからない。そんな中出あったのは、寂しさをかいならせず、いたずらを仕掛けるチカだった。Twitterを使いこなす10歳のチカと、トウ⼦の出会い。他⼈だけど、共鳴しようとする2⼈の⼼。トウ⼦の描く、純粋な紙芝居が、チカの⼼を動かしていく…

    ★『鉄筋花火』は現在、「秋の上映会」に向け、鋭意制作中です。