想い出のロケ地「らくだ銀座」三鷹市内16の商店会

公開日 2019年12月27日

全国の商店街を元気にしたいという想いから作られた映画「らくだ銀座」。その予告編にあたるショートムービーの撮影が、三鷹市内16の商店会をはじめ、井の頭恩賜公園やICU(国際基督教大学)などで行われました。
「らくだ銀座」は、かつて日本中のそこかしこにあった人々の交流の場の商店街を、盛り上げようとする人々の姿を描いたノスタルジックな風情が漂う映画です。大型スーパーの進出によって元気を失いかけている商店街を、なんとか盛り上げようと奮闘する地元に暮らす人々と地元の商店街が主人公となっています。45年前の商店街誕生の秘密をめぐる、個性豊かな店主たちの騒動を描いた、てんやわんやの商店街ハートフルミステリー作品です。
 
三鷹では、予告編ショートムービーの撮影と、三鷹商工会館で上映会が催され、本編の出演者公開オーディションも同時に開催されました。
2003年に三鷹を舞台にクランクインした商店街応援映画「らくだ銀座」は、地域に密着した市民参加のユニークな製作と公開スタイルをとっています。映画会社配給の劇場公開ではなく、商店街や公民館で開催するイベント仕立ての上映会で全国を巡業公開して、日本中の商店街に笑いと元気を届けようと企画されました。若手スタッフが集まる映画プロダクション「侍STARS」のこの企画に、三鷹商工会の当時の観光振興事業委員会の池田健二郎委員長が共鳴したことがきっかけで、三鷹市もロケ地の一つに選ばれました。
先行して制作された予告編ショートムービーの撮影は、三鷹市内16の商店会やと、井の頭恩賜公園、風の散歩道、ICU(国際基督教大学)などで行われ、大勢の三鷹市民が出演して完成に至りました。自らこの映画の<三鷹エリアプロデューサー>となった池田健二郎さんは、
 
「三鷹駅前に古くからあった書店や楽器店などが次々と消えていくなど、最近、元気の無い三鷹の商店街に、この映画をきっかけに目を向けてもらって、市民のみなさんと一緒に新しい文化をつくっていきたい」
 
と話されていたそうです。撮影自体もイベント仕立てで、三鷹のまちを賑わせようと企画されました。「とにかく出演したい!」という情熱を持った三鷹の人たちが出演した映画です。
 
 
らくだ銀座
 
 
「らくだ銀座」
(2003年/109分)
 
八百屋の息子・光(伊嵜充則)は陸上選手になりたかった夢や幼なじみのかりん(宮本真希)のこともあり、いつも仕事は中途半端。ある日、光は商店街をらくだが歩いている夢を見たことから、商売の神様であるらくだを呼んで、祭りを開催しようと思いつくが…。
 
キャスト
内田光 :伊嵜充則
かりん :宮本真希
大野卓馬 :根本博成
しーちゃん:吉田日出子
中江健三郎 :岩城滉一
大野久 :峰岸徹
南條 :上田耕一
由紀 :斉藤こず恵
吾郎 :脇本賢
マスター :田口トモロヲ
 
スタッフ
監督 :林弘樹
プロデューサー:平田幸仁
脚本 :栗山宗大
企画 :前田茂司
音楽 :ふくだりえ
三鷹エリアプロデューサー:池田健二郎
 
 
 
らくだ銀座
らくだ銀座
 
撮影協力
連雀仲町商店会|下連雀第一町会|三鷹南銀座会|三鷹駅前西商店会|東栄会|連雀協栄会|三鷹市立第四小学校|下連雀八幡大神社|渡辺青果店|きものサロンひさみね|すなっくPaso|魚多商店|白河観光協会|白神指し商店会連合会|矢吹町コミュニティプラザ|白河市立白河第二小学校|スズマツ写真館|白十字食堂|白河市文化センター|JR白河駅|白河市の多くの町内会|白河商工会議所青年部|ほか
 
Special thanks
JR白河駅|我孫子自動車教習所|NPO北区地域情報化推進協議会|ほか
 
協賛
(協)三鷹中央通り商店会|三鷹駅周辺住民協議会|調布市商工会|白河信用金庫|桜美林大学OB|白河ふるさと農園|JA農協中島支所|ほか
 
後援
三鷹市|白河市|西郷村|大信村|表郷村|棚倉町|泉崎村|塙町|鮫川村|矢祭村|中島村|矢吹村|白河青年会議所
 
協力
関西ロケーションサービス|福島音響|NPOカルチャーネットワーク|三鷹商工会|ほか


三鷹商工会館
▲ロケ地協力だけでなく、オーディション会場としても使用された三鷹商工会館
 

地図

三鷹商工会館